日本型ビジネス「四方よし!」実践記

私の第2の人生を生きる価値観は、自分に嘘をつかないで、『売り手よし、書いてよし、世間よし、神様よし』を軸にビジネスに取り組んでいます。

平成の最後に超BIGな人に会うことができました!

こんにちは!

直井です。

 

 

平成最後のこの月に

次の令和の時代が始まるこの時に

大変な人に巡り合うことができました。

それは先週の金曜日のことです。

 

 

その人は淡路島の諭鶴羽山にある神社を守って来られた神代家の末裔の方です。

その神社は諭鶴羽神社と書いてゆずるは神社と読みます。

また、羽生結弦選手が祈願に訪れたことでも有名になりました。

他にも有名な方々が参拝に来られています。

 

 

一昨年、僕はいきました。

この神社には車でしか行けません。

でも気楽にいけば死が待ています。

 

神社にたどり着くまで

九十九折の狭い山道です。

それもそんじょそこらの道ではありません。

左右は崖になっています。

対面通行はできません。

バックもできません。

崖に落ちている車もあります。

タイヤが半分はみ出して徐行運転です。

なので入ったら最後、突き進むしかできない道です。

もし行くならば覚悟していきましょう!

 

 

それはさておき、

その方は今は実業家であり音楽家です。

今までにアルバムは260枚ぐらいリリースされています。

楽曲は3000曲ぐらいあるそうです。

Marthというアーティスト名で活動されています。

海外で活動されています。

日本に初めて岩盤浴も導入され、ヒーリング商品を製造販売されています。

 

 

ヒーリング音楽の創始者でもある彼は、

昨年の11月にプラハドヴォルザークホールでレコーディングして、

またこの5月にプラハに行き、最後の録音されるとお聞きしました。

 

 

現在、youtubeでも配信されているのは

『マイナーラインー東の道』5曲です。

 

いよいよ来月、

『メジャーライン東への道』5曲を完成させ、

再度プラハに収録に向かいます。

 

 

「滅びの道」から「永久の道」へと繋がります。

 

 

プレリリースのCDはいただきました。

これ国家にしてもいいのかなあっていう感じでした!

 

 

ヒーリング音楽の世界で有名なMARTH氏も、

日本のマスコミ界から封印されていますが

皇室ファミリーの方々が大変気にめされたようで、

地上波の皇室アルバムの番組の中で長きに渡り、使われています。 

 

 

イザヤ・ナギットに導かれて東の道へ

 

今から2680年前、

イザヤ.ナギットに神からの啓示がおりました。

 

 

「エゴと戦いで乱れたエルサレムから

神の民を引き連れて、

東の愛の源の島に帰りなさい。

そこで、本当の愛の国を再建しなさい」

 

 

 

これは2680年前に、イザヤ.ナギットとイザヤ.ナホミィが

古代イスラエルの民を導いて、列島にやって来たのです。

 

 

 

何故なら列島こそ、1万3千年前にムー大陸が沈んだ時に、

意識の高い人々が沈まない列島に来て、

エゴで沈んだムーの反省ととともに新たな戦いのない

縄文の文明を築いていた「原点」だったからです。

 

 

日本最高のヘブライ語の研究者である藤森三千雄先生によれば、

この「東への道」の物語は、原初のヘブライ語で書かれた

旧約聖書には明記されているとのことです。

 

 

 

その後、為政者の都合で聖書は23回改ざんされるうちに、

この人類史上最も大事な物語は削除・封印されてきたのです。

 

 

世界をエゴとお金で支配する輩にとって、

真の神の愛の民が存在することは、

絶対に表に出してはいけない「神話」なのです。

 

例えば、ジョンレノンは真実の愛を歌にしたので殺されました。

影響力のある彼を抹殺しないと

彼らの嘘、エゴの支配の

虚構の栄華が崩れ、

システムが崩壊するからです。

 

 

藤森先生は

イザヤ.ナギットつまりイザアヤーナギイドは、

ヘブライ語で「第一人者」、

イザアヤーナホミィは「高貴、崇高な卓越した指導者」

と訳されました。

 

 

それが、われわれヤマトの神話では、

伊弉諾イザナギ)、伊弉冉イザナミ)となったのです。

 

 

イザヤ.ナギットは、淡路島に着いたようです。

そこからヤマトの国が生まれたようです。

 

 

泥の海からの人類の再生

 

 では、何故今「東(あい)の道」なのでしょうか。

 それは、神話にも書かれています。

 

 

「世界がエゴの社会となって滅びる前に、

一度泥の世界にする。その時に、

東の島の愛の民が泥の世界へ派遣され、

神々とともに、使える魂を救いながら

本当の愛の世界を再興する」、と。

 

 

 地球は、宇宙でもまれな輪廻転生を通じて

個々の魂が進化する大自然の貴重な惑星です。

 

 

この進化のシステムの基盤は、転生する

健全な肉体が未来永劫供給されることです。

 

 

ところが、間違った人類のエゴの活動で、

その肉体が再生できなくなってきています。

 

 

つまり、化学物質・放射能・遺伝子組み換え食品・

電磁波・ワクチン等々でDNAが破壊され、

3代で子孫が消えてしまいかねないのです。

 

 

だから、そのシステムを維持するために、

この文明を動かしてきた現代社会の活動を

「泥」で止めるのも宇宙の決定事項なのでしょう。

 

 

泥に飲み込まれないためには一人一人の意識の

変革を迫られています。

 

 

祈りの力など、人類の意識の総和が

地球の未来をつくるからです。

 

 

これは先日起きたノートルダム寺院の火災が最小限に収まり文化財

全て無傷であったことからも証明されます。

あの時、市民の皆さんは賛美歌をずっと歌っていたそうです。

 

 

最終章:メジャーライン東への道

 

それは東への道を経て建国した国々の

国歌に多いとされています。

 

もちろん、その代表が君が代です。

 

 

だから歌詞をヘブライ語で読むと

神の愛を讃える詩になるのです。

 

 

 いよいよ5月、MARTH氏は

「メジャーライン東への道」5曲を完成させ、

再度プラハに収録に向かいます。

 

 

その最後の10曲目の曲が、

「世界の見本となる愛の国を創るために」なのです。

 

それが「最終章」です。

 

「すべてはひとつ」の和の道へ。

 

では、その2番、究極の魂のメッセージです。

 

隣人を愛することが 誇りになるような

世界の見本となる国に 育てたいと願った

敵を愛することで平和を願った

世界の人たちを笑顔にしたいと想った

 

隣国を尊んで  他国を抱きしめて

父を抱きしめて 母を背負いながら

友を勝たせて  兄姉を支えて

妹を愛しんで  弟を抱きしめた

 

そのとき君は 本当の夢を きっと叶えている

そのとき君は 命をこえて とわに生きている

 

美しき国生んで 民を幸せにする

それこそが父の望んだことと 今かみしめている

それこそがすべての人の愛だと 今ではわかっている

 

遠く未来の子供たちに 

この詩に託して千代に続くくに(愛)創り

 

『親愛なる I.ナギッドへ捧ぐ  MARTH

 

愛の国作りが世界を救う

 

 2680年前、ふるさとの全てを捨てて、

愛の国を再建するために、

真のヤマトの国を創るために私達の先祖は、

1万キロを超える厳しい旅を経て

この列島にきました。

 

 

2680年前、イスラエルから運んだアークが祀られていたそうです。

持っていきたユダヤ人のイザ・ナギットとイザ・ナオミットをリーダーとしたユダヤの人達です。

それが10部族と言われています。

現在、その書籍は赤穂市の図書館にしか残されていません。

 

 

 

その後、アークは誰にも見つからないように剣山に運びました。

そして陸続きの淡路島と四国を切り離し、鳴門海峡を作りました。

誰も入ってこないように激しい渦巻きになるように設計されていました。

その約1800年後、空海が四国に88箇所霊場巡りを作り、剣山に結界を作りました。

唐からアークを奪われるのを防衛したとも言われています。

 

 

 

剣山では神輿を担いで山頂まで運ぶという神事が今も行われています。

この神事はアークを神輿に積んで運んだ時のことは再現したものです。

2680年間も続いている凄いことです!

しかし、日本人の一部の人しか知らないのです。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。